保証人が必要になる消費者金融はある?

消費者金融のフリーローンは、担保と保証人が不要というところが売りになっています。どちらも用意することなくお金が借りられる敷居の低さから利用者が増えているわけですが、実は保証人が必要になるケースも存在します。
まず、保証人の存在は消費者金融にとってどのようなものかというと、貸し倒れのリスクを避けるのに非常に有用なものです。契約者が破産してしまったといった場合に、通常であればもう回収は不可能ですが、保証人がいればその人に返済を求めることができるからです。では、なぜ消費者金融では原則、保証する人をつけなくても融資するということにしているのかというと、平均的な利率を上げることで、一部の客から返済を受けられなくても、利息で穴埋めをすることができるからということになります。
ただ、大手は客を選ぶことができるので、返済できなくなりそうな人とは契約をしません。なので、どういったケースでも保証する人はいなくてもいいわけなのですが、規模の小さな消費者金融の場合、客のえり好みをしていると売り上げが伸びないので、多少、リスクのある客に対しても融資を行うことになります。その場合、保証してくれる人を客に対して求めることがあるのです。
なので、債務者側からすると、収入が少ない、あるいは既にほかの消費者金融からの借り入れがあり、その状態で中小の貸金業者に申し込んだ場合、保証する人をつけるようにいわれるケースがあるということになります。
http://cashing-shinsadx.com/

タグ , ,