ファクタリングに違法性はないのか?

ファクタリングというサービスは事業資金の不足を補う手段として、資金繰りに不安を抱える経営者にとって重要な手段の一つになっています。売掛金は一定の期間を待たなくては現金化することが出来ないため、期日が来る前に支払わなければならない支払いなどが多くなる場合には資金不足に陥ることがあるのです。その様な事業資金をすぐに調達するために売掛金の権利を譲渡することがファクタリングの基本的な仕組みです。
しかしながらこのファクタリングのでは非常に高い手数料を支払う必要があるという点がデメリットになっています。現金化まであと一か月という段階で売掛金を現金にしようとする場合、概ね10~20%程度の手数料を支払うことになりますが、この額は同じ金額の融資を受けた場合の金利と比較をすると非常に高い金額になっていることが分かります。そのため違法性の有無について意識を向ける人も増えてきているのです。
結論から言えばファクタリングの高い手数料率に違法性はありません。これが融資であれば高すぎる金利の扱いとなり様々な問題が発生しますが、権利の譲渡であれば話は変わってきます。そこには利息というものが存在していませんので、法的な規制の対象にはならないのです。額面だけを見れば闇金でお金を借りた場合とあまり変わらないほどの控除が発生する場合もあります。しかしながら権利の譲渡であればそこに特段の問題は発生しない仕組みになっています。
ファクタリング徹底解剖|ファクタリングとは?メリットや手数料はこちら

タグ , ,